浮気調査を依頼する前に

浮気調査を依頼する前に知っておきたい基本的なこと。
夫や妻への浮気疑惑は、一度気になると日々気にするように。。。頭から離れないもの。自分だけで悩みを抱え込んでも解消する方法は思い付きません。体が重いなど、強いストレス状況となります。

ここ数年間で、年間20万件以上となる離婚は、ふるい時代のマイナスイメージもかなり少なくなったと言えるでしょう。でも、離婚を決めた時には、相当のエネルギーを使うことになります。

不倫調査(浮気調査)の依頼理由は、関係を修復する、離婚を考えている、謝罪の要求などいろいろな事情が存在します。大切なことは、事実(真実)を素行調査して知ることと言えます。

いまスグ離婚する予定ではないけれど、証拠がつかめて有利な立場にある余裕が生まれます。(ここは大切な部分)。法的に不定証拠は3年間は有効なのです。

調査の価格は一日単位の稼働時間に対する基本価格となります。調査実行員、調査に使った車両などを含めた金額となります。


実際に依頼するのは本人だけの場合でもないのです。パートナーの浮気に悩む自分の娘や孫のことを憂慮して何とかしたい。という、父や母が素行調査を依頼する場合もあるのです。

不倫調査(浮気調査)の依頼理由は、家族協議を開く、離婚を決めている、慰謝料を求めるなどそれぞれの理由があります。大切なことは、真実を事実を素行調査で確かめてみること。

ここ数年、お見合いや恋愛結婚の他に街コンや出会い系サイトで親密になり流れで結婚するケースも増えました。

すぐに離婚する考えではないけれど、証拠がつかめて精神的に楽になったケースが多いです。(次のステップを考えられるように)。法律的には証拠は三年間が有効となります。

特に最近急増してるのは、ジムで起こった浮気。男性に限らず、主婦や年配の方がイントラやジム友達と浮気するケースも。


真実に気づくことがないうちに、別れ話を切りだされたり、浮気(不倫)の真実を知った時は「時すでに遅し」で後悔するケースも。この場合のダメージはかなり深刻になるもの。

この数年間、2、3年、お見合いや恋愛結婚以外である出会い系や婚活パーティーなどで出会って流れで結婚するケースも増えました。

浮気(不倫)の問題解決はひとつと言ってもいいかも知れません。謝罪させることや、慰謝料請求するにしても、浮気相手が誰であり、事実が分かれば有効な対策が打てます。

とうぜnムダに疑うことはは良いとは言えませんが、信頼しきって無感覚になっていては事前に察知できたはずの不倫・浮気を見逃したままに。

ネクスト・ステップに新しい生活がおくれるよう、熟練した相談スタッフが的確なアドバイスをしてくれるところも。そして、法的に問題解決がいる際は、条件に相応いい弁護士を紹介してくれます。


後払いできる探偵事務所

HAL探偵社 ハル探偵【無料相談】 匿名で申込OK! フリーダイヤル 0120-110-836

関連ページ

不倫 ・浮気の対処方法
不倫 ・浮気の対処方法はシンプルなものです。まず確実は証拠をつかんで、その上で話し合い
夫の浮気の兆候
夫の浮気の兆候がでたので、即日に素行調査がしたい
単身赴任中の配偶者の素行調査は探偵事務所へ
単身赴任中の配偶者の素行調査は探偵事務所へ依頼したほうがいい理由。
自力の素行調査はどこまでできる?相手にバレるリスク
自力の素行調査はどこまでできる?相手にバレるリスクなど